woman-camera


近年では、スマホで簡単に写真が撮れる時代ですが、やはり画質などは本格カメラには到底及びません。
綺麗な写真を撮りたいなら、やはりデジタル一眼レフカメラが最善です。

リタイアメントされた年配の方が、大きなデジタル一眼レフカメラを持って、花の寺などに多くの方が撮影に出かけている光景をよく目にしますネ。

大きなカメラは持ち運びや撮影時にちょっと大変、ということで女性はミラーレス一眼レフカメラを愛用される方も多いようです。

本格的に写真をするならやはりデジタル一眼


本格的に写真に興味を持たれた女性の方にも、私はミラーレスより普通のデジタル一眼レフカメラの方をお勧めします。
大きさや重さがきになるのでしたら、各メーカーが販売する小型の普及モデルを買われると良いと思います。

こうしたカメラでは、広角から標準、標準から望遠の2本のズームレンズがセットで販売されており、非常にお買い得。
2種類のレンズがあるだけで色々なシーンの撮影をカバーできる点が導入機としてベストです。

こうしたカメラで花の写真をアップで撮ると、スマホやコンパクトカメラで十分と思われている方も、考えが変わると思いますネ。

私も、最初にデジタル一眼レフカメラで花の撮影をし、バックがきっちりとボケてくれ、花の艶やかさが浮き出た時には、本当にその出来栄えに感嘆したものです。


flower

追加のレンズは固定焦点の標準レンズがおすすめ


少し撮影の腕が上がってくれば、セットの2本のズームレンズにプラスして固定焦点の標準レンズを追加購入すれば、鬼に金棒です。

固定焦点はズームに比べて、構図の設定を自分が動いて行う必要があり、少々不便に感じるかも知れません。
しかし、画質は更に向上するものです。

レンズ差を、やはり花の写真のアップ画像で比較すると一目瞭然です。

機材に必要最低限のコストを掛ければ、後は一人でも長くランニングコストを掛けずに楽しめる良い趣味、それがカメラだと思います。

昔は現像代もばかになりませんでしたし、撮影した写真は現像しないとどのような写りになっているかわかりませんでした。
しかし今では、何十枚・何百枚と撮影しても、自分が良いと思うものだけ現像すればいいので、趣味としてのハードルがさらに下がりましたネ。